太陽光発電投資に興味があるあなたへ

太陽光発電投資の仕組み


太陽光発電投資とは使われていない空地、耕作を放棄した田んぼや畑、屋根などの空いたスペースに太陽光パネルを設置して発電した電力を売って収益を得る投資方法です。
投資の場合は、発電した電力が全量買取の対象の「産業用」となります。「産業用」は10khw以上の発電で、20年間電力会社が固定された価格で買い取ることが国によって定められています。そのため日射量があるかぎり安定して収益を確保することができる安心感のある投資方法です。
太陽光発電は季節や天候によって発電量は変化しますが、年間を通してみれば安定しておりトータルではほぼシミュレーション通りの発電量になるといわれています。売電価格も固定されているため、リスクが比較的低い投資対象となっています。

太陽光発電投資のメリットは?


太陽光発電投資は、買取価格が固定されていて安定した収益が期待できることが大きなメリットです。アパートやマンションのような不動産投資のような空室のリスクもなく、空いている土地を有効に活用することもできます。
また、太陽光発電は安定した発電量を維持するために、パネルの定期的な点検や清掃、機器のメンテナンスが必要になります。メンテナンスなどの管理にかかる費用は業者へ委託することができます。委託する費用は発生しますが、専門の業者へ委託することで発電に関するトラブルを予防することができ、自分で管理する手間も省けます。
このようなメリットがある太陽光発電投資はリスクも低いことから、投資が初めての人でも比較的始めやすい投資対象となっています。