太陽光発電で投資をお考えのあなたへ

太陽光発電投資は現物とファンドの2種類あります


環境対策に貢献しつつ安定した高利回りを確保できることで人気となっている太陽光発電投資は、現物とファンドの2タイプに大別できます。
現物投資の特徴は、利回りが約10%程度で高留まりしていること。また、政府による安定売電制度を利用しているため競合や空室などの不確定要素が発生しません。現物投資の代表格である駐車場経営や不動産投資とはこの点が大きな違いとなります。
ファンドの特徴は少額からの投資が容易なことです。現物投資は数千万円単位の初期コストが掛かりますが、ファンドは数十万円から参加が可能です。ソーラーパネルの機能保全といった煩雑な維持作業とも無縁であり、利回りだけを受け取れば良いので精神的負担は軽微です。ただし、運営業者を介するため現物に比べると利回りは若干落ちます。

太陽光発電ファンドの仕組みを理解しよう


土地を確保し、ソーラーパネルなどの発電装置を設置して行う現物投資は、多額の初期コストが発生するだけでなく専門知識も必要となるため、ほとんどの人にとって現実的なものではありません。太陽光発電投資を考える人にとって最もポピュラーな存在は、やはり太陽光発電ファンドでしょう。
太陽光発電ファンドは、運営業者が有効な旧遊地を選定するところから始まります。日照時間が長く地価も安い有望な土地が見つかったら合同会社を設立。その会社名義において出資者を募り、集まったお金で大型設備を建設し、売電利益を分配するという仕組みで成り立っています。ファンドのメリットはプロに運営を全て一任出来ること。利回りも銀行預金や国債に比べて数十から数百倍という高水準の上、国が20年買取りを保証しているので安全です。リスク要因といえば直下型の大型地震くらいですが、これも保険によってカバーできます。