太陽光発電で投資するメリット・デメリット

長期的に利益を生み出してくれる可能性が高い


太陽光発電投資のメリットは、やはり長期的に収入源を得ることができる点にあるでしょう。基本的に太陽光パネルというものは、数十年使えます。長期的に放置をしておいても、性能がダウンしてしまう心配は少ないのです。不動産なら25年も建てば使えなくなって建て直しということにもなりかねませんが、太陽光発電パネルは25年後も変わらず安定稼働をしてくれている可能性が大です。
一度設置をしてしまえば、ロングスパンで収益を生み出してくれるという点が魅力的ですね。長期投資家にはベストな選択肢になるかもしれません。初期費用を回収してしまえば、後はすべて利益として計算ができます。比較的失敗をしにくく、儲けやすいことから、大手企業も続々参入をしているわけですね。

日射量でリターンが変わるのがデメリット


太陽光発電は便利なものですが、日射量によって生まれてくる電力量には違いが出てきます。同じサイズのパネルを設置しても、日当たりの悪い場所なら通常の半分程度しか電気を生み出せないことも考えられます。立地や周辺環境、天候等に影響をされてリターンが安定をしないというのが、デメリットといえばデメリットでしょうか。
日射量が少ないと、それだけ初期費用を回収するのも難しくなります。下手をすれば赤字ということにもなりかねませんから、場所選びだけは慎重に行いたいものですよね。周辺に高層ビル等ができないかまでしっかりとチェックしておく必要があります。冬に雪が降る地域では設置が難しくなる点もデメリットに入るかもしれません。